ATELIER Z (アトリエZ)の商品一覧

ATELIER Z (アトリエZ)の商品を掲載中です。ATELIERZ(アトリエZ)は、1989年にDAY'S CORPORATIONを設立し、1992年に正式にブランドをスタートさせた、国内ブランドです。主にエレキベースを製造しています。日本のセッションシーンで活躍したベーシスト青木智仁を始めとしたベーシストのコラボレーションにより開発を続け、独自のスタンスにより数多くの名器を製作しています。

■ATELIERZ(アトリエZ) の特徴

エレキベースで有名なアトリエZは、強力に荒れたサウンド、重量を持たせたボディ材が特徴的で、スラップ向きと言われています。エレキベースには、M、DAL、Beta、JHJのシリーズがあります。あまり知られていませんが、Z#355、L.E.S.、MANHATTANのエレキギターのモデルもあります。現在エレキギターのモデルは完全受注生産になっていて、中古でもあまり出会うことはないかもしれません。アトリエZで、有名なのは二重人格ベースというインパクトの強いキャッチフレーズが有名なJHJでしょう。2ピックアップでフロント・リア共にJBタイプのJJピックアップとハムバッカーが搭載されていて、それぞれのサウンドを操ることができるのです。それぞれがアクティブ・パッシブと切り替えて使えるので多彩なサウンドメイクが可能になっています。また、Mモデルは、スタンダードでアトリエZを代表する機種です。このモデルは青木智仁のシグネチャーモデルです。青木智仁のモデルだけあってスラップ奏法特有のアタック感もクリアに引き出してくれています。もちろん指弾きやピック弾きでも存在感のある太いサウンドを出力できるので、様々なプレイスタイル、あらゆるジャンルにも対応してくれるでしょう。

■ATELIERZ(アトリエZ) の価格、愛用アーティスト

価格は、エレキベースは10万円台から30万円代程で、中古では8万円程からあります。エレキギターは30万円代からになります。アトリエZを使用している著名人には青木智仁はもちろん、他にも多くのアーティストが愛用しています。最近ではRIZEのベーシストKENKEN、聖飢魔IIのベーシストゼノン石川こと石川俊介など多くのベーシストが使用しています。近年では、軽いボディ材やパッシブを採用したものなどブランドイメージにはない新しいモデルも製作しているのでチェックしてみてください。

出品